さつまいもダイエット 方法

さつまいもダイエット 方法…私の実践している方法です。

当サイトの上段にあるテーブルリストからHTML(手作りサイト)を読んで頂ければ、私の「さつまいもダイエット 方法」も分かるのですが、こちら様なブログタイプ(WP)の様に、閲覧する機器のサイズに最適化されないので、スマートフォンや携帯での閲覧には適してません。
なので、ここで改めて「さつまいもダイエット 方法 マイバージョン」を書こうと思います。

と、まぁいかにも凄い方法を書くような感じですけど…私のさつまいもダイエット方法はかなりシンプルです。

重要なポイントはたった二点で、それらは以下になります。

  • 三食の内の一食をさつまいもに置き換える
  • 皮ごと食べる

こんな簡単な方法ですが、二番目の「皮ごと食べる」は、さつまいもの皮と身の間に腸内の掃除をしてくれるヤラピンと言う成分が含まれています。排便を促し、腸内をスッキリさせる事もダイエットの助けとなるかと思いますが、腸が敏感な方は皮を剥いて食べた方が良いかと思います。

「三食の内の一食をさつまいもに置き換える」についてですが、飲み物や副菜等はOKですが、ご飯やパンなどの穀物は食べません。これはさつまいもダイエットの方法として、とても重要なポイントと考えています。

そこに、さつまいもダイエットの一つのコツがあるのではと思ってたりします。

また、さつまいもは美味しいですが、一日一度さつまいもに置き換えるだけでも続けるにはかなり大変です。甘いさつまいもでも三日も食べれば飽きて来ますし、私の場合は焼き芋にして食べるので、もっと続けると一口二口で食が進まなくなります。それもまた、さつまいもダイエットのコツだったりするかも知れません 笑

さつまいもの置き換え食は、食生活が荒れている人にも、三食の内一食をさつまいもに代えてみるのも良いんじゃないかと思います。

さつまいも代替食の適した時期は、秋~春のさつまいもがハズレが少なく甘くて美味しいので、夏が終わる頃からオススメします。

さつまいもを毎食に含ませる方法も良いかと思うんですが、私的には、それよりも一食だけお米などの穀物をさつまいもに置き換える方法の方がダイエットには効果的と思っています。

さつまいも代替食を朝昼晩のどれにするかは、無理しない時で良いかと思います。
やっぱり夕食はご飯と言うなら、朝にさつまいもを食べれば良いでしょう。朝昼は社食と言う人は夜にさつまいもを食べてみたり、どの時間も厳しいと言う人は、一先ず休日の二日だけさつまいもの代替食にしてみても良いかと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ