有酸素運動ウォーキングと さつまいもダイエット

さつまいもを食べる目的がダイエットや便秘対策ならば、運動も適度にする事も大事な事だと思います。

特にダイエットが目的なら、食事制限だけでは例えダイエット出来たとしても普段の食事に戻した途端に太り出してしまいます。 そこで、もし さつまいもダイエットをしている間に運動もしておけば筋肉が付き、基礎代謝が上がってるハズなので、急な激太りを防ぐ事が出来るのではないかと思います。 それでも、ダイエット前の食事に戻し、生活も以前と同じスタイルに戻してしまえば徐々にでも戻ってしまうと思いますよ。

そこで、オススメなのが”さつまいもダイエット”と有酸素運動のコラボです。 有酸素運動も色々ありますが、私のお薦めは普段運動していない運動不足の人でも出来る≪ウォーキング≫です。 歩くって事です。

真剣に さつまいもダイエットを始めると、運動はしなくてもそれなりに体重が落ちて来るかと思うんです。(私の場合はそうでした)。 しかし、どのダイエットにもある様に、停滞時期があったり、人によっては中々痩せて来る様子が見えない人もいるかと思うんです。

そこでダイエットをより順調に進める為にもウォーキングを勧めるのですが、ウォーキングは有酸素運動の中でも無理の少ない運動です。 走ったりすると息が切れてしまい長く続けるには余程の肉体改造が必要ですが、でもウォーキングなら普段の生活の延長上の感じで、訓練をしなくても1時間やそこらなら疲れても出来るものですよね。 また他の運動と違い、場所を余り選ばないですし、お金も掛けないで済む点も嬉しい運動です。 欠点を言えば、同じ道ばかりだと飽きて来る点でしょうか。

理想を言えば、ウォーキングは週に2〜3回最低40分以上をやる事です。 体が持てば連続が良いです。 例えば、ウイークデーに一回やって、土日にジックリと連続して運度するとかだと良いと思います。

私的には、一度に10分20分程度のウォーキングをするなら、後日40分以上のウォーキングをした方が良いと思っています。 ダイエットの為の運動は、スピードや筋肉に重い負荷を掛けるよりも、一度にどれだけ長く有酸素運動したのかと言う”時間”が大きく関係すると思います。 毎日15分のウォーキングよりも、週に数回の40分以上のウォーキングがダイエットには良いと考えています。

ウォーキングを始めた当初、ちょっと歩いただけでバテバテになり、後もダルしょうが無かった私ですが、ウォーキングだから続けられたと思っています。 これがマラソンだったら、きっと続いてないと思いますし、ダイエットはウォーキングでも十分効果が出ます。 そしてさつまいもダイエットと同時にすれば、効果がより早く・大きく現れて来ると思います。

追記)ウォーキング運動は全身運動である事も利点ですが、ウォーキングの利点の一つに体の捻り運動がある事です。 体を捻る運動は便秘にも良いと思いますし、何よりウエストが細くなるのが嬉しいですよ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク